安保法案Q&A 若者らツイートに7党が説明



 若者の政治参加街頭覇王に取り組むNPO法人「ユースクリエイト」とヤフージャパンは短文投稿サイト「ツイッター」を使い、安全保障関連法案についての質問を、政党にぶつけるイベントを行った。

 「ASK NIPPON 安全保障法案 #政党だけど安保法案の質問ある?」と銘打ち、七日から質問を募集。呼び掛けに応じた自民、民主、維新、共産、次世代、日本を元気にする会、社民の七党の議員が九日夜、寄せられた約百五十の質問のうち、一部は全党共通で回答。それ以外は、自由に質問を選んで回答した。約十一万人がサイトを閲覧した。アフリカ超人

 「集団的自衛権の行使が可能となり、米軍と一体行動できるようになると、なぜ今より平和になるの?」という質問に対し、佐藤正久・自民党国防部会長は「他国が付け入る隙間をふさぎ、紛争を未然に防止する力、すなわち抑止力が増すからです」と説明した。

 国会議員はデモではなく国会で訴えるべきではとの問いに、社民党の吉田忠智党首は「国会での議論が最重要だというのは当然ですが、デモに参加する人々に訴えることも、役割の一つだと考えています」と理解を求めた。威哥王

 ほかに「国民の理解は何をもって得たと言えますか?」「野党が政権を取ったら、一連の法律は廃止されますか?」といった質問もあった。ユースクリエイトの原田謙介代表は「国会では主に質問する側の野党にも質問を投げかけることで、各党の考え方を知ることができた」と振り返った。 淫インモラル