身も心もウズベキスタン  サマルカンド

午前4時にサマルカンド駅に到着。ほぼ予定通り。こんな時間なのに、駅の外にはちゃんとタクシーの運ちゃんが声をかけてきます。ru486


その一台と交渉して、3000ソムでほぼ日中の料金とそんなに大差はない値段で成立。目指すはバックパッカー御用達のレギスタン広場に近いバハッドゥルへ。

ここは4年前に泊まったことがあり、世界各国からのバックパッカーが集まってきます。こんな朝早く着いたのにもかかわらず、威哥王ちゃんとオーナーのバッハドゥールさんが起きてきてくれて、中に入れてくれました。中庭があって、そこにテーブルやソファが置かれて、パッカーたちの交流の場になっています。

オーナーは私のことを覚えていてくれて、部屋がいっぱいだったので、中庭のソファーに私を案内してくれて、そこでしばらく待ってくださいとのこと。この親切心には感激。だからこそ、このホテルは人気があるのですね。D10催情剤