悟空の真実の過去

では、ここからは私が話そう。 威哥王

私は天界西方軍、竜王傲潤だ。

謀反人として追われた四人は私を人質に自分達の居住区域にて、篭城した。

篭城中、悟空を元に戻す事に成功した後。

四人は下界への亡命を表明し、実行した。

途中私を解放した、図書室で、天蓬元帥及び捲簾大将は私に向かい現職を辞する事を報告した。

その時の私には、情愛芳香劑彼らにかける言葉もなかった……。

ナタクを創った研究室で、ナタクになり得なかった獣達に捲簾は食われ。

優秀な軍人であった天蓬元帥は、天界軍を壊滅状態にまで追い込み、季塔天配下の者に斬られ亡くなった。

最後に金蝉童子は、悟空を時空ゲートの外に出した瞬間ゲートに挟まれ消失した。

数日はゲートの前に居た悟空は、菩薩の術で、天界で過ごした全ての記憶を消され、下界に封印された。

ただ一つの記憶だけ、悟空という、金蝉童子がつけた名前だけを胸に……。

金蝉、天蓬元帥、捲漢方薬激安簾大将の三人は死に 、悟空に待っていたのは、500年の孤独であった。

では、最後に種明かしを……。

悟空は現代でも悟空。

金蝉童子は三蔵によく似ている。

天蓬元帥は、八戒に似ている。

捲簾は、悟浄に似ている。

そして、私は白竜となり、彼らの生き媚薬催淫剤様を近くで看ている。
下界での500年、悟空は、その名前だけを支えに孤独に耐えた。

三蔵が、逗留していた寺で、「誰か!!!誰か!!!」という叫び声が聞こえるようになり、五行山へ向かったあと、最遊記が始まる…

烏より…私ねこのOVA購入したのですが、購入して二年経過してもまだ、開封できないでいます。号泣するし(T-T)

あいつらのの生き様カッコイイよね。

遺体としても天界軍の手に落ちなかった。

現代でもね、誰かの手の上で踊らされるなら、舌噛んで死ぬ奴らなんですって。

淫インモラル/紅蜘蛛/中国漢方薬/媚薬購入/妖姫/威哥王